日本酒で美肌

日本酒による美肌効果

日本酒美肌効果についての紹介。

日本酒には肌がキレイになるといった美白・美肌など【美容効果】があるといった事が古くからいわれています。

そのようなことが背景にあり今では、日本酒に含まれている美容効果の高い成分を抽出して使用している洗顔クリーム、化粧水、美容液といった基礎化粧品もいろいろな種類が市販されています。

美肌効果がある日本酒の美容成分

日本酒日本酒は昔から肌によいことが知られており、その理由として美肌効果があるといわれる米由来の各種アミノ酸やビタミン、ミネラルを豊富に含んでいるからだとされています。また、日本酒の製造工程で生まれてくる【米ぬか】や【酒粕】自体が美肌・保湿成分として、ひじょうに有効であるといわれています。

日本酒の蔵元や老舗の清酒メーカーが作るスキンケア・アイテム

最近では化粧品メーカーのみならず、日本各地にある日本酒の蔵元や老舗の清酒メーカーなども、日本酒に含まれる美容成分を有効に利用した化粧品やスキンケア・アイテムを開発し販売しています。

純米酒に含まれているフルーツ酸

日本酒による美容効果は最近の科学的な研究により、いろいろと具体的に明らかになってきています。例えば、純米酒に含まれている【フルーツ酸】には、古くなった角質を除去して肌の生まれ変わりを促進し、ふっくらと潤いのある柔らかい肌質にするといった効能があります。

αGG(アルファ・グルコシルグリセロール)

αGG(アルファ・グルコシルグリセロール)というのは「清酒白鹿」を製造販売している兵庫県の【辰馬本家酒造】が酒造りの研究の過程で発見した、日本酒に含まれる旨み成分です。αGGの効能のなかで肌に対しては、ヒアルロン酸とコラーゲンの生成を促進させ、保湿性や弾力性の維持といった、スキンケアならびに美肌を作る上で欠かせない作用をはじめ、さまざまな働きを持っていることが分かっています。

米ぬかの美容効果

日本酒造りの過程で得られる新鮮で良質な【米ぬか】には、保湿効果、美白効果、肌のキメを整えるといった作用があります。また、米ぬかにはビタミンB群、ビタミンE、カルシウム・カリウム・鉄分などのミネラル、食物繊維といった美容効果をもたらす天然の栄養素がバランス良く豊富に含んでいます。

フェルラ酸

日本酒にはポリフェノールの一種である【フェルラ酸】という成分も含まれています。フェルラ酸には強力な抗酸化作用があり、身体の細胞を錆びさせ老化を早める活性酸素に対抗し、肌トラブルに関して言えばシワやたるみといった老化現象、シミやそばかすの沈着などといった悪影響を抑制する効能があります。

肝臓が原因の美容への悪影響

美容への悪影響肝臓の働きとしては、新しい栄養素を体に取り入れ、老廃物を処理して排泄するといった栄養素の代謝をすることや、脂質の消化を助ける胆汁の分泌、アルコールや有害物質を分解するといった解毒作用などの役割りをしてくれています。しかし様々な原因で肝臓の機能が低下すると、健康面だけでなく美容に関しても悪影響が生じやすくなります。

肝臓が弱ることで生じる、美容を損なう具体的な症状としては、「肌が荒れる」「シミができやすくなる」「顔がむくむ」「髪がパサつく」といった現象です。これらは身体の疲れがひどくなった時に起き易い症状ですが、慢性的に続く場合には単なる疲れではなく、肝臓が弱っているシグナルかもしれませんので注意しましょう。