しわの原因

しわになる原因

シワになる原因についての解説その他を紹介しています。

しわになる原因にはさまざまな要因が考えられますし、顔の中でも目元・口元・おでこ(額)・眉間、また首にできるものなど、しわができる部分や種類によって原因にも違いがあるようです。

ただ全ての「しわ」において共通する根本的な原因としては【皮膚の老化】にあります。

しわができる根本的な原因

しわの原因目元・口元・おでこ・眉間・首など、「しわ」といっても様々な部分に生じますので、それぞれの部位によって原因の違いはありますが、根本的な原因は主として【皮膚の老化】であり、皮膚の真皮層にあり大切な働きをしている「コラーゲン」や「エラスチン」といったタンパク質の一種である物質が、加齢によって減少していくことで肌の弾力性が弱まり、潤いやハリが少なくなることによって生じやすくなります。

目尻、おでこ・額、眉間などにできる【表情じわ】

表情の変化によって目尻、おでこ・額、眉間などにできる、いわゆる【表情じわ】と呼ばれる種類のシワは、「表情筋」と呼ばれる筋肉の収縮によってできる凸凹が次第に戻りにくくなることによって起こるのですが、笑ったり、怒ったりなどといった感情や意思表示をする場合に、この表情筋を比較的大きく変化させたり、動かす頻度が多い人ではその傾向が癖となって、「しわ」を作り易くなっているようです。

紫外線や乾燥もシワの原因に

「しわ」を作ってしまう原因として、内的要因の根本的なものは【皮膚の老化】であると述べましたが、外的要因による影響としては【紫外線】や【乾燥】が非常に大きな問題となります。一般的に紫外線が肌にダメージを与えることによって引き起こされる肌トラブルというと、メラニンを生成させる作用から「日焼けによるシミ」と思われがちですが、紫外線が肌に影響を与えるのは「シミ」だけではありません。

紫外線の影響

紫外線を過剰に浴びる事によって、肌のハリや弾力を保つコラーゲンやエラスチンなどの大事な成分を分解してしまう酵素が増やすことで、結果的に潤いや弾力性が失われてしまい「たるみ」が生じて「しわ」も増えやすい肌質にとなってしまいます。

肌の乾燥

「しわ」が生じてしまう原因には肌の【乾燥】も大きな要因のひとつとされており、肌の水分が不足していくと角質層の表面が乾いて剥がれやすくなり、外部からのさまざまな刺激などに対するバリア機能が非常に弱い状態となり、紫外線の影響なども強力に受けてしまう事となります。

皮膚の弾力性やハリがなくなると「しわ」が出来やすい

また、角質層の表面が剥がれやすくなり隙間ができた状態では、表皮の水分が蒸発してしまいやすいので潤いが保てなくなり、肌は硬くなっていくの伴い弾力性やハリも少なくなるため、結果的には「しわ」が出来易い状態になってしまいます。

お肌の潤いを維持する天然保湿因子

天然保湿因子美しいお肌を保つためには日頃のお手入れが欠かせませんが、さまざまな肌トラブルの原因に関係している「肌の乾燥」には特に気を掛けてあげないといけません。肌の乾燥によって角質層の水分が失われていく事によって潤いが減少していきます。

角質層を形成している細胞には、【NMF】という天然保湿因子が存在していて、このNMFは水になじみやすく水分を保持するという特徴があり、角質間の水分を保持する働きをして、肌をみずみずしく保つという重要な役割を果たしています。