ターンオーバー

皮膚のターンオーバー

皮膚ターンオーバーについての解説。

健康でキレイなお肌を維持するには、健全で規則正しい皮膚のターンオーバーが不可欠となります。

ターンオーバーとは皮膚が生まれ変わる代謝周期のことで、通常は約28日で再生されるのが理想的な周期であるとされていますが、さまざまな要因でターンオーバーのサイクルに乱れが生じると、肌トラブルの原因となります。

ターンオーバーの乱れが肌トラブルの原因に

ターンオーバー新陳代謝である皮膚のターンオーバーは肌質の改善にも重要な役割を担っているのですが、しかしながら加齢やその他のさまざまな要因を原因として、ターンオーバーのサイクルが乱れると【しわ】【シミ】【くすみ】【乾燥】【ニキビ】などの、いわゆる肌トラブルを引き起こしやすい状態となります。

表皮・真皮・皮下組織

皮膚は【表皮】【真皮】【皮下組織】という3層から構成されており、表皮はさらに【基底層】【有棘層(ゆうきょくそう)】【顆粒層(かりゅうそう)】【角質層】という4層に分かれています。ちなみに表皮の部分が厚い、手のひらと足の裏といった部位では【透明層】と呼ばれる特別な層が存在します。

ターンオーバーの仕組み

皮膚のターンオーバーの仕組みというのは、表皮の一番下にある基底層にある細胞が血液中から栄養分の補給を受けて細胞分裂を行って、新しくできた細胞が徐々に上層へと押し上げられ角質細胞となり、最後には細胞核のない角質に変化して垢となって剥がれ落ちていきます。このサイクルを皮膚のターンオーバーが呼ばれ、通常およそ28日の周期で行われます。

古い角質が残って角質層が厚くなる

先に述べたように、約28日間のサイクルで繰り返されている皮膚のターンオーバーですが、さまざまな要因により新陳代謝が低下しだすと、このサイクルが遅くなるために古い角質がいつまでも残って角質層が厚くなった状態となり、肌にとってはいろいろな悪影響を与えてしまう原因となります。

皮膚のターンオーバーが乱れる原因

皮膚のターンオーバーが乱れる原因としては根本的な要因となる老化の他、食生活での皮膚の再生を助けるアミノ酸やビタミン、ミネラルといった栄養素の不足、紫外線の影響、ストレス過多、寝不足、ホルモンバランスの乱れなどといったように、生活習慣の乱れなどが挙げられます。

ターンオーバーが活発に行われる時間帯

また、皮膚のターンオーバーが最も活発に行われるのが、午後10時から午前2時の間と言われており、ターンオーバーが効率的に行われるようにするためには、質の良い眠りを維持するように心掛けましょう。

お肌の潤いを維持する天然保湿因子

天然保湿因子美しいお肌を保つためには日頃のお手入れが欠かせませんが、さまざまな肌トラブルの原因に関係している「肌の乾燥」には特に気を掛けてあげないといけません。肌の乾燥によって角質層の水分が失われていく事によって潤いが減少していきます。

角質層を形成している細胞には、【NMF】という天然保湿因子が存在していて、このNMFは水になじみやすく水分を保持するという特徴があり、角質間の水分を保持する働きをして、肌をみずみずしく保つという重要な役割を果たしています。