コラーゲンと食べ物・食材

コラーゲンを含む食べ物・食材

コラーゲンを含む食べ物・食材などについての紹介。

コラーゲンはシワやタルミのない美肌を目指す女性にとって欠かす事の出来ない大切な成分のひとつなので、積極的に摂りたいものです。

コラーゲンを含む食べ物・食材としては、いろいろと豊富にあるのですが、代表的な食品として軟骨、手羽先、内臓、鳥や魚の皮などにはコラーゲンを多く含んでいると言われています。

重要な働きをするコラーゲン

コラーゲンコラーゲンもヒアルロン酸と同じで、そもそも私たちの体内で存在するタンパク質の一種です。具体的には、皮膚・骨・軟骨・内臓・血管・腱など、まさに身体中の至る部分に含まれていて、それぞれの部位で重要な働きをしてくれていますので、私たちの健康にとっては無くてはならない成分のひとつです。

コラーゲンの1日の摂取量

コラーゲンの特徴としては年を重ねていくといった老化に伴い、体内のコラーゲンも減少していくのですが、こういったところもヒアルロン酸と同じです。ちなみに、コラーゲンの1日の摂取量としては約5gとされていますが、一般的な食生活では不足しがちになると言われています。

コラーゲンを多く含む食べ物・食材

コラーゲンを多く含む食べ物・食材としては、先に述べたように鶏肉の軟骨・皮・手羽先・魚の皮などの他、牛すじ・うなぎ・豚足・フカヒレ・スッポンなどにも豊富に含まれています。牛すじ肉、又はカレイなどの煮魚を調理した際に、その煮汁が冷めてからゼリー状のように固まった、いわゆる「煮こごり」は、食材に含まれているコラーゲンが煮汁に溶けだして固まったものです。

ゼラチンはコラーゲンそのもの!?

ゼリー、ババロアといったお菓子の材料となっている【ゼラチン】ですが、ゼラチンの原料になっているのは主に牛の骨といった動物性たんぱく質であり、食品として摂取するゼラチンはコラーゲンそのものであるとも言えるようです。コラーゲンは水と加熱すると水に溶け出してゼラチンとなるのですが、先に述べた「煮こごり」も具体的な例のひとつです。

コラーゲンが身体に働きかける効能・効果

コラーゲンが身体に働きかける効能・効果としては、【肌に張りを与え、潤いを保つ】といった美肌関連での機能の他、【関節部分のクッション機能を回復させ関節痛を緩和する】【骨粗鬆症を予防】【肉体疲労・眼精疲労などの改善】【血圧の上昇を抑制】などに期待する事が出来るとされています。

サプリメントや健康食品などで補給

日常的な食生活で十分な量のコラーゲンを摂取するのが難しいときなどは、サプリメントやドリンクタイプの健康食品などが豊富に販売されていますので、そういったモノを利用するのも効果的な対策となります。

毛穴の悩みと対策方法

毛穴対策20代までの女性にとっての「肌の悩み」としては、【毛穴】に関連することが非常に多く、特に毛穴の目立ちが悩みのタネになっているそうです。毛穴トラブルは皮脂が多い箇所で引き起こされがちになるので、中でも鼻の部分で目立つようです。

そのような状況の中で、具体的にどのような毛穴対策を行っているかといいますと、「毛穴の汚れを除去する為のパックをしている」といった予防・改善策でお手入れしている人が多いようで、洗浄力の強い洗顔料を使っているといった方や、コマメに洗顔する事を心掛けているといった女性も多いようです。