二重まぶたの整形手術

二重まぶたの整形手術の方法

二重まぶたの整形手術の方法や特徴などについて。

二重まぶたの整形手術というものには、「埋没法」「切開法」という2通りの方法が主流を占めているのですが、それぞれの手術方法には長所と短所、メリット・デメリットを含めて特徴があります。

埋没法・切開法という美容整形

二重まぶたの美容整形「埋没法」というのは、二重のラインを付けたいまぶたの部分に、医療用の糸(髪の毛よりも細い特殊な極細の糸)で縫い止める、二重ラインを作る方法の整形手術です。

一方、「切開法」というのは、二重のラインに沿ってまぶたの皮膚を切開し、まぶた部分の余分な脂肪や皮を切除してから縫い合わせることで、ひだができるようにします。

マイクロ切開法・小切開法

二重まぶたの切開法には、従来からある一般的な全切開法のほかに、切開する部分をより小さくしたマイクロ切開法(小切開法・部分切開法)という手術方法を行っている美容整形外科やクリニックなどもあります。

目頭切開で蒙古ひだを取り除く手術

また、日本人を含めたアジア圏の東洋人に多い蒙古ひだと呼ばれる目頭のひだが目立つ人の場合に対して行われる目頭切開という手術があり、余分なひだを取り除くことで目をもっと大きくして、二重のラインをハッキリさせたい人に人気がある手術などもあります。

埋没法と切開法の人気の差

二重まぶたの整形手術に関しては、皮膚の切開をすることや、埋没法と比較して手術費用が高くなる切開法より、メスを使用しない方法をとっている埋没法に人気が集まっているようで、実際に二重まぶたの整形では埋没法を受ける方の人数の方が圧倒的に多いとのことです。

埋没法の方が絶対的に有利?

埋没法を受ける方が多いということは確かなのですが、埋没法の方が絶対的に有利な長所があるとは決して言い切れず、まぶた部分の皮膚のたるみが多い人の場合や、脂肪の多いといった患者さんの場合では、希望したようにきれいな二重ラインが出にくいといったケースがあるようです。

二重まぶたの整形手術をする上で大切なこと

「二重まぶたにした人の誰もが理想的な結果になるのか?」といったことを感じる人が居られると思いますが、埋没法の整形をした後に二重が一重に戻ったということも結構見聞きしますので、埋没法により二重まぶたにした人の誰もが理想的な満足のいく結果になるとは必ずしも言い切れないようです。

美容整形外科やクリニックなどの病院選びは慎重に

二重まぶたの整形手術をする上で、整形前の自分のまぶたの状態といったことが大切なポイントになりますが、もうひとつ注意したいポイントなるのは、万が一希望したような結果にならなかったときのことも考慮し、失敗やトラブルなどに後々巻き込まれないためにも、美容整形外科やクリニックなどの病院選びは慎重に選ぶようにしなければいけないということです。

肌質に合った洗顔料選び

洗顔新しい洗顔料に変えたときなど、洗顔した後に肌がツッパった感じになるので自分の肌質には合っていないと感じる人も多いのではないでしょうか?ただし、これはそれだけ皮膚がキレイに洗浄されたということであり、健全な肌の状態であれば20分ぐらい過ぎれば皮脂が分泌されだしてツッパリ感もなくなるので、洗顔した後に化粧水と乳液などで保水と保湿を心掛けてあげれば問題ありません。

ただし、洗顔後30分以上過ぎてもツッパリ感が消えずに残っている状態というのであれば、その洗顔料の洗浄力が自分の肌質には強すぎるということなので、使用しない方が良いです。