赤ちゃんの瞼(まぶた)

赤ちゃんの一重まぶた・二重まぶた

赤ちゃん一重まぶた・二重まぶたについての解説。

赤ちゃんのまぶたが一重になるか?二重になるか?ということに関して、やはり両親である父親・母親からの遺伝が影響するのかという疑問についての解説。

赤ちゃんのまぶたと父親・母親の遺伝因子

赤ちゃん赤ちゃんのまぶたが一重になるか?二重になるか?ということに関して、やはり両親である父親・母親からの遺伝が影響するのかという疑問を抱かれる方も結構居られるのではないかと思いますが、顔つきや体型などが遺伝しやすいということなどをご存知の方ならある程度想像されている通り、やはり一重まぶたか二重まぶたかということも遺伝と関係しています。

一重・二重と遺伝の関係

一重まぶた・二重まぶたと遺伝に関連する内容については、『一重まぶた・二重まぶたの違いは遺伝が影響?』という項目にて説明していますので、そちらもご覧になってください。

一重・二重になる確立

まぶたが一重・二重になるかは、血液型をはじめ、太りやすいとか、背が高い・低い、口の形がそっくりなどといったことと同じで、赤ちゃんのお父さん・お母さんが持っている遺伝因子に組み合わせにより、影響を受ける確立が変わってきます。

個々のケースで確立に違いが生じる

両親である父親・母親が両方とも一重まぶたである場合と、両方とも二重まぶたである場合、また片方の親が一重でもう一方の親が二重である場合とでは、生まれてくる赤ちゃんのまぶたが一重・二重になる確立に違いが生じてくるということになります。

一重・二重は親の遺伝因子で全て決定?

赤ちゃんのまぶたが二重か一重かということ全てが両親の遺伝因子で決定され、それ以外の後天的な影響はあまり関係ないと絶対的なことは言いきれませんが、遺伝子が限りなく大きな要因を占めているのは疑う余地がないのも事実のようです。

赤ちゃんの両親が両方とも二重まぶたであった場合

上記に述べたようなことから、赤ちゃんのお父さん・お母さんが両方とも二重まぶたであった場合、確率的なことから推定するとやはり赤ちゃんも二重というケースが多いですし、両親とも一重まぶたという場合は、一重の赤ちゃんが産まれてくる確立が高いということになるようです。

赤ちゃんの成長に伴い

赤ちゃんに関して言えば、産まれてきてすぐによほどハッキリとした二重をしている赤ちゃんの方が稀だと思いますし、その他の身体の特徴などと同じで成長するにしたがい、遺伝的要素が目立ってくることも多いようです。

まぶたの皮膚は柔らかく変化しやすい

基本的に赤ちゃんの頃というのは顔つきがふっくらとしていることが殆どで、特にまぶたの皮膚というのはとても柔らかく変化しやすいため、ある程度成長を見ていかないと判断しづらいものです。

フェイシャル・エクササイズ

フェイシャル・エクササイズ加齢に伴い顔の皮膚や筋肉も衰えてき出すと、頬がたるみ、口角も下がり、その結果として口の横には深いシワが刻まれていきます。こんな感じになりだすと、どうしても老け顔に見えますし、なんとなく意地悪そな顔つきに思われ易くなりがちです。これらを予防・改善するには、身体と同じように顔の筋肉も意識して動かして鍛えてあげる必要があります。

頬のたるみや口角の下がりを予防・改善するには、「口の周りの筋肉」を意識して鍛えてあげるエクササイズが効果的です。また、顔にもセルライトが溜まるので、セルライトや凝り固まった老廃物をほぐしながら行うフェイシャル・マッサージも正しい方法で実施すれば有効です。