一重まぶた・二重まぶたと遺伝

一重まぶた・二重まぶたの違いは遺伝が影響?

一重まぶた、二重まぶたというのは後天的影響か?それとも遺伝

一重まぶたの人、二重まぶたの人というのは、生まれてからの後天的影響か?、それとも根本的に遺伝するものなのか?ということについての解説。

一重まぶた・二重まぶたはと遺伝の関係

一重まぶた・二重まぶた一重まぶたの人、二重まぶたの人というのは、生まれてからの後天的影響か?、それとも根本的に遺伝するものなのか?ということについてですが、結論から述べますと『遺伝の影響を受けやすい』ということになるようです。

後天的な要素も考えられる

もちろん全ての要因が遺伝に関連するとは言い切れず、何らかの影響で後天的な要素もはらんで一重・二重になることも挙げられるようです。

遺伝子について

一重まぶた・二重まぶたの遺伝の話しをする前に、基本的な遺伝子のことを簡単に説明しますと、親の体の特徴や性質が遺伝によって子供に現れるといったことは、皆さんもご存知のことだとお思いますが、この場合の体の特徴や性質といったモノを遺伝形質と呼びます。

一重まぶたと二重まぶたは対立形質

遺伝形質には、まぶたで例えるならば『一重まぶた』と『二重まぶた』といったように、互いに対を成す形質(対立形質)があり、それぞれの形質に対応する遺伝子が対立遺伝子と呼ばれているものです。

二重まぶたは優性形質、一重まぶたは劣性形質

遺伝に関係する対立形質には、優性形質と劣性形質といわれるものがあり、優先的に現れる形質の方を優性形質、現れにくい形質を劣性形質といい、まぶたに関していうと、【二重まぶたが優性形質】【一重まぶたが劣性形質】となっているようです。ちなみに、優性形質の方が優れているとか、劣性形質は劣っているといったことでは全くありません。

二重まぶたの赤ちゃんが生まれる確立

先の述べたようなことから、両親が二人とも二重まぶたであるケースでは、二重まぶたの赤ちゃんが生まれる確立が高く、二人とも一重まぶたの両親から生まれた赤ちゃんの場合では、一重になることが多いようです。

両親の遺伝因子の組み合わせ

遺伝因子のことからいうと血液型のABO型と同じで、父親と母親のそれぞれが持つ遺伝因子の組み合わせにより、まぶたが二重または一重になる確立というものがある程度決まってくるということになります。

赤ちゃんの頃の一重まぶた

ちなみに、赤ちゃんや乳幼児の頃はパッと見の感じで一重まぶただったとしても、成長して肉付きや顔の形の変化に伴い、奥二重だったのが分かり易い二重まぶたになりだすといったケースもありがちですし、大人になってからでも体系が痩せたり太ったりといった変化(特に顔の肉付きの変化)で、奥二重がハッキリとした二重まぶたになったり、その逆に二重まぶたが目立たずに一見すると一重に見えるといったケースの方も見受けられるようです。

肌質に合った洗顔料選び

洗顔新しい洗顔料に変えたときなど、洗顔した後に肌がツッパった感じになるので自分の肌質には合っていないと感じる人も多いのではないでしょうか?ただし、これはそれだけ皮膚がキレイに洗浄されたということであり、健全な肌の状態であれば20分ぐらい過ぎれば皮脂が分泌されだしてツッパリ感もなくなるので、洗顔した後に化粧水と乳液などで保水と保湿を心掛けてあげれば問題ありません。

ただし、洗顔後30分以上過ぎてもツッパリ感が消えずに残っている状態というのであれば、その洗顔料の洗浄力が自分の肌質には強すぎるということなので、使用しない方が良いです。